なあなあで >θゞ

えこが綴るだらだらblog 家建てたっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新宿遊牧民」

椎名誠 著

「哀愁の町に霧が降るのだ」等々に続く久々の実録私小説。
しかもかなり古い時代から始まる。

怪しい探検隊?東ケト会?ホネフィルム?雑魚釣り隊 等々も登場し、懐かしい。

あっちいきこっちいきで物語が進んでいくのだが、いつのまにかモンゴルの登場が多くなり、
最後に新宿の屋上にゲルを建ててしまう。
そしてゲルはひと夏をこえたころ、あっけない最後を遂げ、寂しく終わる。
最後は少しせつない話。

この小説に登場する方々がとても個性的でおもしろい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら

http://echottr.blog8.fc2.com/tb.php/475-971ceb1d

 | HOME | 



Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

えこ

  • Author:えこ
  • 週末はつきっきり子育て
    ?(゜ロ?)(/ロ゜)/




全記事>θゞ

全タイトルを表示




ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。